村田 好広

消防士
会主
日頃はおとなしいが、バチを握ってステージに上がると存在感がある。
2006年元旦、第3代の会主に就任。
中野 まなみ
Nakano Manami

韓国語講師
会計担当。
アジア民族音楽の神髄を極めるため、韓国と交流している太鼓坊主には、なくてはならない存在。
メンバーの個性を引き出すステージ衣装をデザイン作成。
田中 久嗣
Tanaka Hisashi

蒲生薬局経営
前会主として渉外係りと後継者育成に貢献
彼のたたく太鼓は、大地に根付いた土臭さを感じさせる。
南川 千昭
Minamikawa Chiaki

郵便局勤務
太鼓坊主の若手育成係
前副会主として、精神面の指導を担当。
怒ると怖いが情に弱い。
締太鼓、桶胴太鼓を叩く小刻みなリズムは、観客を魅了させる。
小山田 辰夫
Koyamada Tatsuo

なたね油製造業
団員最高齢なので、体力のいらない篠笛担当。
汗をかくのは、太鼓の積み降ろしの時だけ。
顔の特徴は、8時20分の眉毛。
馬場 英一
Baba Eiichi


馬場整骨院 院長
柔道で鍛えたパワーは、観客のお腹に鼓動を響かせる。
得意の関節技でメンバーの体調を整える太鼓坊主のホスピタル。
長友 進史
Nagatomo Shinji
介護士
太鼓演奏依頼で共演をしたのがきっかけで入団。リズムを覚えるのが早い、期待の新人。体が固いのが難。お年寄りの人気者。

名誉顧問 14代 沈壽官(大韓民国名誉総領事)
顧 問 小山田 豊秋